ピアジオ・MP3のマスターキー作成

足立区のバイク屋さんからの依頼でしたが、内容がカギの紛失ではなく中古のスロットルボディーは使えますか?

との事でした。

 

この様な作業はやった事は無いのでダメもとでやってみました。

 

結果オーライです。

 

スロットルボディー

初めて見るスロットルボディーですが、MP3の500ccに付いているスロットルボディーです。

傾斜センサーに異常があるらしく、ECUを交換してみたが直らず、スロットルボディーしか考えられないという事で中古のスロットルボディーを仕入れてはみたもののエンジンが掛かりません。

 

ECUとスロットルボディーとで通信設定等が必要な場合、中古部品が使えない事があるので今回お試し的に引き受けましたが、無事にエンジン始動出来て「ホッ」としました。

 

キーデータ

キーデータを読み取ってトランスポンダーチップを作成し、マスターキーにセットして完了です。

 

ピアジオのMP3やジレラのFUOCO等のカギで困ったらお電話ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です