ホンダ・パンヨーロピアンのカギが抜けない。

先日都内のバイク屋さんから頼まれた案件です。

ホンダ・パンヨーロピアンカギ抜き車両

ONにもハンドルロックにも回せずOFFの状態で中途半端にカギが刺さっています。
今まで色んな状況の作業をしてきましたが、この状態は初めてです。

引き抜いたカギ

四苦八苦しました。
何とか無傷で抜けましたが、引き抜いたカギを見てみると随分と曲がってます。

強引な使い方をしない限りあり得ない状態ですが、このタイプのカギは少々差し込みにくい場合があります。
ちょっとした角度による場合がほとんどですが、イラついていたんでしょうか・・・。

作り直したカギ

カギは無事に引き抜けたので新しくカギをカットしてイモビのチップを移植して最終確認です。

普通に使えます。

作り直したカギでエンジン始動出来ました。
勿論ハンドルロックもちゃんとかかります。

という事はキーシリンダーは無事だったという事です。
これ以上の修理は必要なしという事で作業完了です。

カワサキ Z650RSのカギ作成

山梨県は甲府市のバイク屋さんからの依頼です。
「カワサキのZ650RSのカギが無いので作ってください。」という事で作成致しました。

キーシリンダーと純正ブランクキー

遠方なのでキーシリンダーを送ってもらいました。

私も言葉足らずでした。

画像のキーシリンダーはシートロックのキーシリンダーでしょうか。

これではイグニッションのキーシリンダーは使えません。
とはいえ出来るところまで作業して、後日改めてイグニッションシリンダーを送って頂きました。

イグニッションキーシリンダー

ハンドルロックは掛けていなかったようです。

たまには遠方まで出張するのもいいかなと思っていたのですが、またの機会という事で・・・。

このタイプはカギが1本ある状態で合い鍵の作成は何度もやっているのですが、1本も無い状態でのカギ作成は今回が初めてです。

新種のブランクキーを使用しているのでまだキーマシンにデータが入ってません。
(データの更新が遅いかも・・・。)

という事でアナログ的にカギを作成していきます。

onに出来ます。
off状態
ハンドルロック状態

スムーズに使えるカギが出来上がりました。
ギザカギと違い作成するのも大変ですが、1からの作成は楽しいです。

カット済み画像

上の画像は別の車両の合い鍵を作成した時のものです。
現在このタイプのイモビライザーには対応出来ておりませんので当店で作成出来るのはメカニカルキーのみとなります。

上にも記載しましたが、燃料タンクやシートロックのキーシリンダーだけではカギ全体のカットが出来ません。
郵送の場合はイグニッションシリンダーが必要です。
取り外しが出来ない場合は出張作業となりますので金額等ご相談ください。

バイクのBMW カギを無くした

今にも雪が降りだしそうな曇り空です。
東京都内某所、BMWのバイクのカギ作成に伺いました。

BMW K1200RSカギ作成車両

イモビライザーも非装着なのでシリンダーが壊れてなければカギの作成は問題ありません。
今回は2本作成を頼まれたのでサックリ作成して完了です。

作成した2本のカギ

コロナ以降ブランクキーの入手も困難な状態も続いていますが、諸外国から仕入れて何とか対応出来る状態は保っています。

BMW F650カギ作成車両

他の日にカギ作成したBMWのF650です。
この時はハンドルロックが掛かってなかったので作業車の近くまで押してきての作業でした。

どちらも同じタイプのカギを使用しています。
カギを落とした場合はキーシリンダー交換した方が安心出来るでしょうが、カギ作成した場合と費用面でかなりの差があると思います。

また、お伺いしたその場でカギを作成するので陸送する必要もありません。
あまり遠方だと出張費が加算されますので状況に応じて依頼先を決めた方がいいでしょう。

やっぱり折れる

以前苦労して修理したBMWのスマートキーと同じ状況です。

今回は九州から送られてきました。

折れたジャックナイフキー

BMWのバイク用です。

スマートキーです。

燃料タンクはスマートには開きません。

という事で修理します。

修理した後のスマートキー

折れたカギは接着出来ないので新しいカギと入れ替えで対応します。
気を付けて使用しないと今回の様になってしまいます。

以前は専用のブランクキーが無かったので他の材料を加工して作りましたが、今回からはBMWバイクの専用ブランクキーを使用していますので純正キーと同様の強度があります。

キーカットの形状ですが、純正キーとは少々違うカットになっていますが、純正キーよりもスムーズに抜き差し出来るカットになっていますのでストレスなく使用出来るかと思います。

費用についてはお問い合わせください。

ホンダ PS250のカギが折れた

久しぶりに折れたカギの引き抜き作業です。

都内某所、当店に依頼が来た前日に他の鍵屋さんに依頼したところカギ穴を覗いて
「あ~、カギが中に残ってますね~。」
カギを抜く事なく帰って行ったそうです。

折れたカギ

特に無理をしてカギを回した様な形跡はありません。
単純に摩耗と金属疲労かと思いきや、シリンダー内部の汚れが原因だったようです。

この時はカギを引き抜くのに約10分、新しいカギをカットするのに約5分。
早いと思うか遅いと思うかはお客様次第・・・。


状況にもよりますが、基本無傷で引き抜きます。
(他業者が作業した後の依頼の場合、無傷での引き抜きが出来ない場合が御座います。)

今回画像を撮っていない為、詳しい内容等はホームページで紹介しておりますのでご覧ください。
ホンダスクーター・折れ鍵引き抜き (fujilock.jp)

カワサキZ1000のカギが折れた。

いつものバイク屋さんからの依頼です。
カワサキのZ1000のカギが折れたので作り直すのと折れたカギを抜いて欲しいとの事です。

カワサキZ1000カギ折れ車両
ガソリンタンクでカギが折れています。

カワサキのバイクではよくある事です。
他のメーカーよりもタンクキャップのシリンダーが固着しやすいです。

イグニッションはエンジン始動するたびに使いますが、タンクキャップは使用頻度が落ちます。
経年劣化ですね。
シリンダー内部の潤滑剤(グリース)の油分が無くなりカサカサの状態で固まってしまいます。

カワサキのバイクでは車種を問わず起きうる現象です。

折れたカギ

無事に折れたカギを抜くことが出来ました。
燃料タンクは奥行きが無いので抜きやすいです。

この後新しいカギをカットしてシリンダーを整備して作業完了です。

KTM DUKE690 鍵無し車輌の鍵作製

いつもの川口のバイク屋さんからの依頼です。

KTMのDUKE690の鍵が無いので作って下さい

との事で出張作業です。

KTM DUKE690カギ作製車輌

ウェーブキーだと大変だなぁと思いつつ、車両を見てみるとZADIのよく見るシリンダーだったのでホッとしました。

大変だったのがこちら。

ヘルメットホルダー

同車両に付いていた後付けのヘルメットホルダー・・・。

ぴったり入るブランクキーがありません。

こんな時はちょっとずつ矯正。

スイッチON

最後に確認して

出来上がった鍵が上の画像です。

有難う御座いました。

ホンダ・CB750の鍵折れ in川口市

埼玉県川口市のいつものバイク屋さんからの依頼です。

 

鍵がイグニッションシリンダー内部で折れてしまってハンドルロックも解除出来ないので何とかしてほしいとの事。

ホンダ車のイモビ付きではよくある事です。

ホンダCB750鍵折れ車両

ホンダ車はいたずら防止の為にイグニッションシリンダーの差し込み口が空転する様になっています。

イグニッションシリンダー

シリンダーの内部で2分割されているので無理な力をかけると鍵が簡単に折れてしまいます。

長年乗っている車両であれば鍵の金属疲労という事もありますので折れる前に作り直すのがいいでしょう。

 

無傷で引き抜き完了

袋に入っている鍵は表面のメッキが剝がれています。

こうなると鍵の強度も弱くなってしまい折れやすくなります。

中央の鍵は元々の鍵で右側の鍵を追加で作製しました。

イモビのチップは折れた鍵からの移植でOKなので登録作業等は必要ありません。

 

この類の仕事でよくあるのが他店が作業してギブアップしてしまい、その後当店に依頼が来る場合です。

シリンダーを除いただけでギブアップしてくれれば何の問題も無いのですが、厄介なのは散々いじった挙句のギブアップです。

 

この場合のほとんどがシリンダーがボロボロになっています。

 

今迄で一番ひどかったのはイグニッションシリンダーの内部に折れたドリルが残っていた事。

最悪です。

 

非常に手間の掛かるデリケートな作業です。

 

時間が掛かります。

 

費用も掛かります。

 

他店が作業した後の依頼の場合は面倒な事が多いのでさらに追加料金を頂く事があります。

覚悟した上でご依頼下さい。

 

間違っても接着剤などでくっ付けようなんて考えないで下さい。

状況を悪化させるだけです。

この場合も料金アップするかもしれませんのであしからず。

ホンダCB400SBのカギ作製・神奈川県厚木市にて

ホンダCB400SBカギ作製車両

神奈川県厚木市から依頼が来ました。

ホンダのCB400スーパーボルドールのカギ作製です。

イモビライザー付きですが、鍵が1本も無い状態からカギを作ります。

 

ECUも新しいタイプが付いています。

 

キーシリンダーから鍵の段差を読み取りON-OFF出来る鍵を作ります。

ECUを外してトランスポンダーチップのデータを書き込みます。

ECUを車両に戻し、トランスポンダーチップ入りの鍵でスイッチON~~~!!!

 

無事にエンジン始動(^ ^)b

 

非常に簡単に書きましたがこんな感じの作業になります。

作業時間は順調にいけば1時間程度ですが、状況にもよりますので確約は出来ません。

 

最近、他店が手をつけた後の作業でECU自体が破損している案件が2件ほどありました。

このような場合、ECUを交換しなければならない場面も出てきます事をご理解下さい。

(ECU代は別途ご請求させて頂きます。)

 

最初から当店にお任せ頂ければいいのですが・・・。

 

荒っぽい鍵屋さんも多いので依頼する際は気を付けて下さい。

 

CB400SBは郵送でもカギ作製可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ホンダ・CBR250Rのカギ作製

ホンダCBR250Rカギ作製車両

葛飾区のいつものバイク屋さんからの依頼でホンダのCBR250Rのカギ作製に行ってきました。

カッチリロック

一見「イモビライザー付?」と思わせるステッカーですがイモビライザーは付いていません。

 

以前、埼玉県の狭山市まで同じタイプの車両のカギ作製に伺ったことがありましたが、その時は前日に別の業者が作業したのですが鍵を作れなかったそうです。

(しかも2人も来て・・・)

最後に「この車両はイモビライザーが付いているから鍵は作れません。」と言って帰って行ったそうです。

 

話は戻り、鍵を作る作業自体は5~10分程度でしょうか・・・。

お客様もビックリされていました。

 

当店のお付き合いのあるバイク屋さんは「出来て当たり前。」という感覚でしょうから内容によってはプレッシャーが掛かる場面もありますが、壊れていない限りは何とかします。